Loading...

WordPressをMAMPで動かす(2)

2014.03.14

新人Iです。

突如暖かくなったり寒くなったりで参っちゃいますね。

春は好きですが花粉が怖いので、素直に春が来てほしいとも言えず複雑な時期です。

前回に引き続きMANPを使って、ローカルでWordPressを動かす手順の続きです。

今回はMANPの環境設定までやってみましょう。

WordPressをダウンロード

WordPress › 日本語

http://ja.wordpress.org/

公式サイトからWP本体をダウンロードしてきます。

特別な理由がなければzipファイルで問題ありません。

MANPフォルダにWordPressを入れる

htdoc

zipをダウンロードしたら、早速解凍します。

アプリケーション > MAMP > htdocs 内に解凍したてのWPフォルダをまるっと移動ないしはコピーします。

MAMPからデータベースを作成する

MAMP

MAMPを起動して、WordPress用のデータベース(WPで書いたブログ記事を保存するためもの)を作成します。

前回の記事からMAMPがメジャーアップデートされたため、見た目がイマドキな感じのレスポンシブ&フラットデザインになっていますが、基本的には3.xでも2.xでも手順は一緒です。

MySQLの欄から、phpMyAdminに飛びましょう。

MAMP2

見た目がガラリと変わりますが、ひるまずに上のタブから[データベース]を選択します。

 

localhost 8888   localhost   phpMyAdmin 4.1.8

上のフォームからデータベースを作成します。

名前は「test」だとか「wordpress」だとかお好みの名前で。

セレクトメニューはデフォルトのままで大丈夫です。

 

スクリーンショット-2014-03-14-21.54.45

できました!

これでデータベースは作成完了です。

次回は最後にWordPressの設定をします。

COLUMNコラム