Loading...

WordPressをMAMPで動かす(1)

2014.03.03

今回は開発者向けのお話になります。

WordPressは、PHPというプログラミング言語で開発されています。
PHPは動的にHTMLを生成することができる、という特徴は古い記事でお話したと思いますが、PHPは実行環境を整えてあげなければ、そのままでは動きません。

最近はボタン一発でWordpressを設置してくれるサーバも増えてきましたが、いちいち確認の為にファイルをアップロードするのは手間ですし、なにより公開前のサイトをWebに上げることが都合上できない場合もあります。
というわけで、MAMPというフリーウェアを使ってローカルでWPを動かす方法を書いていこうと思います。

[MANP]http://www.mamp.info/en/index.html

MAMP(マンプ)とは、[M]acに[A]pacheと[M]ySQLと[P]HPの環境をインストールするだけで構築してくれるソフトです。なんと無料!
Windowsユーザーの間では「XAMPP」というソフトがメジャーだそうですが、当方開発環境がWinでないため、この記事では取り上げません……ごめんなさいX(

まずはMAMPを上のリンクからダウンロードします。
有料版のPROもありますが、Free版で特に困ったことは今のところないです。

MAMP  Mac  Apache  MySQL  PHP

サイト自体もファイルも重いですががんばって落としましょう。

スクリーンショット 2014-03-03 8.09.13

ダウンロードできたら、早速解凍してパッケージファイルを実行します。
基本的に難しい設定もなく一本道です。

スクリーンショット 2014-03-03 8.11.50

「インストールされた時にできるMAMPフォルダは
 ファイル名を変更したり、移動させないで下さい」
らしき事を言われてます。「続ける」をクリック。

スクリーンショット 2014-03-03 8.11.56

スクリーンショット 2014-03-03 8.12.04

スクリーンショット 2014-03-03 8.12.18

スクリーンショット 2014-03-03 8.16.31

これでインストールは完了です。
Appフォルダ内にMAMPフォルダができているはずなので、
開いて中のMAMP.appをさっそく実行してみましょう。

スクリーンショット 2014-03-03 8.17.09

サーバを起動する前に【環境設定】を開きます。

スクリーンショット 2014-03-03 8.17.21

Apacheタブの「Document Root」の項目で
サイトのルートフォルダ(indexが置いてあるところ)を設定します。

設定したら、戻って「サーバを起動」をクリックします。

MAMP

こんな画面が出てきたら設定完了です!
初期アドレスはhttp://localhost:8888/MAMP/?language=Japanese
になっていると思うので、/MAMP/?language=Japaneseを消してあげると
設定したサイトのインデックスが出てきます。

次回はWordpressの導入を書きます。

COLUMNコラム