Loading...

WordPressを使ったサイト事例

2013.12.06

新人Iです。こんにちは。
前回のコラムでWordPress(以下WP)に関して触れましたので、今回は弊社が制作したサイトの中から実際にWPを使ってどんなことができるのかご紹介します。

今回ご紹介するサイトはこちら!

岡本正総合法律事務所

okamotto

サイトデータ

  • [クライアント]岡本正総合法律事務所 様
  • [URL]http://www.law-okamoto.jp/
  • [カテゴリー]コーポレートサイト
  • [制作]デザイン/コーディング/wordpress構築

今年の7月に事務所を開設された弁護士さんのサイトになります。精力的に講演・説明会活動をされており、実績の更新がかなり頻繁にあるということで活動実績とお知らせの部分をお客様自身で管理できるように構築しております。

ホームページの知識は無いけれど、お知らせと実績は自分たちで更新したい・・・という要望は、実はかなりクライアントさんの間でも多く、WPを導入するきっかけとしても非常にポピュラーです。

では、実際にどんな画面で更新するのか、少し見てみましょう!

131206_00
まずはなにはともあれログインします。

131206_01

見慣れない単語がたくさんありますが、ひるむことはありません。入力が必要なのはこの3つの部分だけです!

131206_02

  • 1番上にタイトルを入力
  • 2番目の広いテキストエリアに本文を入力
  • 右下のカテゴリーを選択右上の青い「公開」ボタンを押す

以上で完了です。
まるでブログのようですが、ちゃんとサイトに反映されます。

もちろん画像も投稿できます。

131206_03
「メディアを追加」ボタンを押したら…

131206_04
ここの画面で入れたい画像をドラッグアンドドロップするだけです。簡単ですね。
131206_05

131206_06

それから、WPには「公開」と「非公開」という概念があります。
「公開」はその名の通り普通にサイト上に載せる、ということなのですが「非公開」は管理者にしか見えなくするというもので、いわゆる下書きの状態です。

これを利用することで、記事を公開する前に一度非公開のままで確認を取って、OKが出たらそのまま公開にしたり、逆に公開から非公開にすることで、記事そのものを削除しなくても、データを残したまま消したように見せかける…といったことができます。
まだまだWPでできることはありますが、今回はここまでで。

COLUMNコラム