Loading...
WordPress

wordpressで住所から緯度経度を取得

2014.03.20 update

こんにちは。制作の中の人です。

今回はGoogleのGoogle Geocoding APIを使って、住所から緯度経度を取得し、さらにそれをWordpressと絡めた方法を書いてみます。

Advanced Custom Fieldを使って、記事に住所データが入れてあり、その住所データから緯度経度を取得して、Google Mapなどを表示させたりするのにこの方法を使いました。
もっとスマートなやりかたがあるかもしれませんが。

こちらのサイトでPHPを使った緯度経度の取得方法がありました。
http://prograrts-job.blogspot.jp/2011/07/php.html
ほぼそのままでfunctions.phpに書けば使えそうです。

[php]

//緯度経度取得
function strAddrToLatLng( $strAddr )
{
$strRes = file_get_contents(
‘http://maps.google.com/maps/api/geocode/json’
. ‘?address=’ . urlencode( mb_convert_encoding( $strAddr, ‘UTF-8’ ) )
. ‘&sensor=false’
);
$aryGeo = json_decode( $strRes, TRUE );
if ( !isset( $aryGeo[‘results’][0] ) )
return ”;

$strLat = (string)$aryGeo[‘results’][0][‘geometry’][‘location’][‘lat’];
$strLng = (string)$aryGeo[‘results’][0][‘geometry’][‘location’][‘lng’];
return $strLat . ‘,’ . $strLng;
}

[/php]

呼び出すテンプレート側は、下記のような感じで呼び出すと住所データから緯度経度に早変わりです。実際はちょっとラグがあります。

[php]
<?php
$add = get_field("address");
$geocode = strAddrToLatLng($add);
echo $geocode;
?>
[/php]

$add = get_field(“address”) は、addressという名前のカスタムフィールドからphp変数として値を持ってきています。
the_field()だとechoしてしまうので、get_field()のほうで、変数に格納し、
$geocode = strAddrToLatLng($add); で先ほどの定義したfunctionへ住所データを引き渡して結果を取得しています。

関連記事

  • 2014.10.10

    スターターテーマ「_s」でオリジナルテーマをつくる(1)

  • 2014.09.05

    WordPressのxmlrpc.phpについて

  • 2014.09.01

    かゆい所に手が届くWordPress 4.0アップデート

COLUMNコラム

2014.01.17

サイトにひと味加えるWordPress テーマ

2013.11.08

新人ウェブデザイナーの制作話(2)

2016.05.11

システムエンジニア M.R

2018.07.24

その先のこと!

2016.05.11

システム開発とは?

2014.07.18

Mac OSX Yosemite

2014.02.14

wordpressの高速化

2013.08.30

web制作コラムを開始しました。

2013.12.27

WordPress 3.8

2014.05.30

WordPressの管理画面のURL変更

2014.05.23

WordPressとセキュリティ

2014.09.01

かゆい所に手が届くWordPress 4.0アップデート

2014.07.04

ぐるなび公式レストラン検索 「WordPressプラグイン」

2014.06.13

WordPressで投稿メニューを増やす(1)

2018.06.14

Googleカレンダーにイベント登録、ChatWorkへメッセージを送信する方法②

2014.01.27

wordpressの自動更新

2018.05.24

Googleカレンダーにイベント登録、ChatWorkへメッセージを送信する方法①

2014.05.16

WordPressの検索を強化する

2016.05.11

無線エンジニアのご紹介 I.S

2014.08.08

もうレガシーとはおさらば?IEのサポートが最新バージョンのみに