Loading...

wordpressで住所から緯度経度を取得

2014.03.20

こんにちは。制作の中の人です。

今回はGoogleのGoogle Geocoding APIを使って、住所から緯度経度を取得し、さらにそれをWordpressと絡めた方法を書いてみます。

Advanced Custom Fieldを使って、記事に住所データが入れてあり、その住所データから緯度経度を取得して、Google Mapなどを表示させたりするのにこの方法を使いました。
もっとスマートなやりかたがあるかもしれませんが。

こちらのサイトでPHPを使った緯度経度の取得方法がありました。
http://prograrts-job.blogspot.jp/2011/07/php.html
ほぼそのままでfunctions.phpに書けば使えそうです。

[php]

//緯度経度取得
function strAddrToLatLng( $strAddr )
{
$strRes = file_get_contents(
‘http://maps.google.com/maps/api/geocode/json’
. ‘?address=’ . urlencode( mb_convert_encoding( $strAddr, ‘UTF-8’ ) )
. ‘&sensor=false’
);
$aryGeo = json_decode( $strRes, TRUE );
if ( !isset( $aryGeo[‘results’][0] ) )
return ”;

$strLat = (string)$aryGeo[‘results’][0][‘geometry’][‘location’][‘lat’];
$strLng = (string)$aryGeo[‘results’][0][‘geometry’][‘location’][‘lng’];
return $strLat . ‘,’ . $strLng;
}

[/php]

呼び出すテンプレート側は、下記のような感じで呼び出すと住所データから緯度経度に早変わりです。実際はちょっとラグがあります。

[php]
<?php
$add = get_field("address");
$geocode = strAddrToLatLng($add);
echo $geocode;
?>
[/php]

$add = get_field(“address”) は、addressという名前のカスタムフィールドからphp変数として値を持ってきています。
the_field()だとechoしてしまうので、get_field()のほうで、変数に格納し、
$geocode = strAddrToLatLng($add); で先ほどの定義したfunctionへ住所データを引き渡して結果を取得しています。

COLUMNコラム